敷金返還請求訴訟

賃借人が入居するときに預け入れた敷金は、退去・明渡後に物件のクリーニング代や家賃滞納分等を相殺して賃貸人から賃借人に返還されます。しかし、近年不当にクリーニング代を請求して敷金を返還しないケースが多く見受けられます。このような場合は、裁判手続を経て対応した方が効率的です。

当事務所では、主に下記の流れで対応しております。

 

1.敷金からの差引代金の調査

 敷金からなぜ差し引かれているのか、差し引かれている代金の内訳の調査を行なう必要があります。ここでよくあるケースが事務所等の場合に保証金という名目で全く返還されないケースもあるからです。賃貸借契約書を見ないと判断はできませんが、保証金は新築ビルに入居する場合、建設代金の一部負担という内容のものもあるからです。敷金は家賃の6か月分以内が相場とされており、保証金という名目のみで一括預かりしている場合でも、敷金分と分離することは可能だからです。そして、クリーニング代についても当方に有利な金額の方向で検討する必要があります。

 

2.配達証明付内容証明郵便を賃貸人の元に発送。 

  返還の催告をしたことを証する必要がある上に、賃貸人に交渉のテーブルについていただくお願いをする必要があるからです。ここで交渉を開始し、交渉が頓挫した場合は訴訟を検討します。

 

3.訴訟提起の要否の決定

 賃貸人と話がまとまったら、返還を確実なものとするため、和解書を作成します。簡易裁判所に起訴前の和解を申し立てて、効力あるものにするのがベストといえます。和解が成立しなかった場合は、訴訟提起の対応を致します。

 

4.判決取得、強制執行

 勝訴判決を取得したら、賃貸人の財産の差押を行ない、敷金を回収致します。

尚、敷金返還訴訟は、訴額30万円以上のもののみ受託致します。

敷金返還請求を行なう前に用意するもの

敷金返還請求を行なう前に下記の書類が証拠になりますので、存在する範囲で出来るだけ集めて下さい。

・賃貸借契約書(写しでも可)

・賃貸借時の該当部屋の撮影写真

・退去時の該当部屋の撮影写真

・賃借人からの解約申し入れ書写し

・賃貸人からの解約確認書面

・クリーニング代等原状回復工事代金請求書(なければ見積書)

・賃貸人からの鍵受領確認書

 

上記、書類一式は全部は揃わないのが普通です。存在する限りの書類を集めて、専門家である司法書士におたずね下さい。

 

敷金返還対応の際に確認するポイント

1.敷金返還請求対応の際に、賃貸人が主張するクリーニング代の中身を検討していく必要があります。

従って、クリーニング代に関する見積書・請求書の内訳の金額を拝見して、本当に記載金額を支払う必要があるのかを確認しております。

2.鍵全ての返却が明渡時になされたかを確認致します。

3.水道光熱費使用の終了時を確認致します。

 

以上の確認ポイントをメインとして、敷金返還がなされるかを、ある程度確定致します。

▲このページのトップに戻る