お客さまの声(商業登記)

代表取締役が亡くなったことで、解散を検討している実働している株式会社で、気が付いたら平成15年以降役員変更登記がなされていませんでした。途中で会社法に変わっておりますし、これでは自分ではどうにもならないと思い、司法書士を探していたところ、知り合いの紹介を受けて、遠隔地でしたが、先生に対応していただきました。先生との直接の共通の知り合いが何名かおるということで、遠隔地でも柔軟に対応して下さり、そして、商法時代からの役員変更登記を整理して下さって、大変助かりました。

(司法書士としての本人確認及び犯罪収益移転防止法に関する本人確認は行なっております。)

(宮城県K社)

 

株式会社の設立をスピーディーに対応して下さる先生を探していた所、友人の会計士からマインズ司法書士事務所を紹介されました。依頼してすぐに、メールで必要書類案内チェックシートが送られてきたのでそこに記入し、返信しました。返信してから数時間後に費用見積もりが送られてきたので、こちらも直ぐに対応して下さると思い、その翌日付での書類一式捺印・定款認証・設立登記申請を依頼し、対応いただきました。設立関係者も多数おり、スピードも必要でしたので、大変助かりました。

(東京都 M社) 

 

お客さまの声(契約書・公正証書作成)

 公正証書で賃貸借契約を締結しようとしましたが、その際、公証人に、連帯保証会社の代表者が、近々自分の会社(賃借人の会社)の役員になる予定である旨話した所、将来的に利益相反になる可能性があるので、行政書士を兼務している司法書士に、賃借人の連帯保証人になる旨承認された連帯保証会社の株主総会議事録を作成してもらって、捺印して提出するようにいわれました。

 時間もなくスピーディーな対応を必要とする上、自分及び連帯保証会社の代表者ともに、英語圏でない外国籍であったので、対応に悩み、近所のマインズ司法書士事務所に依頼しました。

 幸い、自分も連帯保証会社の代表者も日本語の日常会話ができ、日常的な日本語を読むことが可能でしたので、対応していただくことができました。

 早速、議事録ができあがり、今後の対処方法とともにメールで送られてきました。対処方法については、日本語・英語に加えて自国語で書かれていたので、正確に自分から連帯保証人に伝えることができ、大変助かりました。

 松井先生がいらして下さり、無事に捺印して新宿公証役場に届けてもらいました。

 現在、新宿で店舗を開業し、順調に売り上げを伸ばしています。困ったことがあった時は、マインズ司法書士事務所にすぐに電話で相談し、色々対処していただいております。

(東京都 S社 P様)

 

誓約書の作成を依頼しようと思い、知人の知り合いの司法書士に依頼しようとしましたが、1か月かかると言われて、それでは時間がかかりすぎると思い、インターネットでマインズ司法書士事務所をみつけてメールしました。即座に対応して下さり、数時間後に仕掛中のドラフトがメールで送られてきました。内容をみて、依頼を検討するかどうか判断をお願いされたので、私は即、依頼することにしました。報酬金額の交渉にも応じて下さり、大変助かりました。

(東京都 M様)

▲このページのトップに戻る