敷金返還対応の際に確認するポイント

1.敷金返還請求対応の際に、賃貸人が主張するクリーニング代の中身を検討していく必要があります。

従って、クリーニング代に関する見積書・請求書の内訳の金額を拝見して、本当に記載金額を支払う必要があるのかを確認しております。

2.鍵全ての返却が明渡時になされたかを確認致します。

3.水道光熱費使用の終了時を確認致します。

 

以上の確認ポイントをメインとして、敷金返還がなされるかを、ある程度確定致します。

▲このページのトップに戻る