自分で借金を返済できるかわからなくなってしまった場合

瓶の芸術.jpg簡単な考え方ですと、担保がついている不動産等以外に関しまして、3年以内に自分の収入から今後借り入れを一切行なわずに返済できる能力があるかどうかがポイントです。

返済できる能力あり→司法書士に頼んで任意整理

返済できる能力はないが、担保があり、住宅ローンの比率が高い場合→個人再生あるいは自己破産

返済できる能力がない→自己破産

個人再生については、ケースによりますので、任意整理か自己破産で考えておくとよいでしょう。

任意整理ですと、破産しないでそのまま通常の生活を送ることができます。但し、カードは今後数年間申し込んでもカード会社のブラックリストに掲載されているので、発行がなされないこと及び他のカードも原則使用不可になってしまうことを了承下さい。 

 

▲このページのトップに戻る